線維軟骨

結核をもたらす結核菌は、人間がゴホゴホと咳き込むことで空中に撒かれ、空中でふわふわと漂っているのを別の人が空気と一緒に吸い込むことでどんどん感染します。
腰などが痛むヘルニアとは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間にあって緩衝材の役目をしている椎間板(ツイカンバン)という名前のやわらかい線維軟骨がはみ出てしまった症状の事を表しているのです。
ロックのライブの施設や踊るためのクラブハウスなどにあるとても大きなスピーカーの正面で大音量を聞いて耳が聞こえにくくなることを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言うことをご存知でしょうか?
今、若年層で感染症のひとつである結核の抵抗力を保有しない人々の割合が高いことや、受診が遅れることが誘因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染が多くなっているようです。
脳内のセロトニン神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みの鎮圧、色々な覚醒現象などを操作しており、単極性気分障害(大うつ病)に罹患している人ではその力が落ちていることが判明しているのだ。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの研究の結果、注射の予防効果が見通せるのは、ワクチンを注射した日のおよそ14日後から約150日程度だろうと考えられているようです。
人間の耳の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類できますが、この中耳の近くに細菌やウィルスがうつって炎症が起こったり、体液が溜まる病が中耳炎というわけです。
トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる機能が殊に有名だと思いますが、それ以外に肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの産生を抑制したりするというようなことが言われています。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口からの出血に違いはありませんが、喀血の方は咽頭から肺を通っている気道(きどう、呼吸器のひとつ)から出血することであり、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上の消化管から出血する病状を示しているのです。
体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに働く糖分、細胞の生まれ変わりに絶対欠かせないタンパク質など、激しい痩身ではこれらに代表される体をキープするために欠かすことができない栄養成分までもを欠乏させてしまっている。
1回歯の周りを覆っている骨を脆くさせるまでに拡がってしまった歯周病は、おそらく炎症が落ち着くことはあっても、失った骨が元通りになるようなことはないに等しいと言われています。
悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、通常ならば体をガンにさせない役割をする物質を製造するための型である遺伝子の異常が原因で発生してしまう病気だと考えられています。
下腹部の強い痛みを訴える人の多い代表的な疾患には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、女性特有の病気など、様々な病名が挙げられます。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が失われた後に市場に出回って、新薬と変わらない成分で金銭的な負担を少なく抑えられる(クスリの価格が安い)後発医薬品のことを意味しています。
HMSの研究によれば、通常のコーヒーと比較して1日あたり2〜3杯はノンカフェインコーヒーに変えると、なんと直腸癌の罹患リスクを半分も減らせたそうだ。